Happy Life -シンママと2匹の怪獣-

結婚中より自分らしく!田舎に移住して子供達とのびのび生活スタート!

【離婚前4】夫の本性

【離婚前】
 

生活はますます困窮していった。

 
私は長男を保育園に送っていった後にオークション出品、発送。
次男が寝ている間にチャットレディをした。
 
オークションは日銭を稼ぐために。
チャットレディは生活費を稼ぐために。
 
 
節約していても、夫は平気でシャワーを出しっぱなし、水を最大で出しっぱなし、電気をつけっぱなし、タバコの本数は増え、出かける回数は増えと、全く協力してくれなかった。
 
でも、お金が無いのは私のせいだと責められた。
 
 
夫は元々優しい人だった。
でも結婚してから変わった。
いや、今にして思えばこれが外面のいい夫の本性だったんだと思う。
 
それは私の気づかないようなことから少しずつ、少しずつ、エスカレートしていって私の心を縛り付けていた。
 
お前はほんとに何も出来ない。
なんでこんな事も出来ないんだ。
本当に成長しないな。
ちゃんとしろよ。
こんなの出来ないのはお前ぐらいだよ。
みんなもっとちゃんとしてるよ。
母親失格なんじゃね?
いい加減にしろよ。
 
 
何年も何年も言われ続けたその言葉達は私の中に澱のように溜まり、自信すら無くしていた。
私はダメなんだ。
私が悪いんだ。
私がなんとかしないと。
 
 
また怒られる──。
 
 
今思えばバカバカしい。
夫よりも私の方がよっぽどしっかりしていたし頑張っていたと思うんだけど、当時はただ、ただ、夫に怒られることが怖かった。
 
 
家族の為に。
子供のために。
 
 
この生活をどうにかするのは外で働いて稼いでいるはずの夫ではなく、私の役目だと訳の分からない強迫観念に駆られていた。
 
 
 
毎月の生活費や支払いの計算日。
支出が多いと怒られた。
 
何でこんなに多いの?ちゃんと管理もできないの?ほんとにクズだね。
 
 
使っているのは夫で、責められるべきは夫のはずなのに。
当時の私は何も言えずただビクビクしていた。
 
 
怒られないようになんとかしなきゃ。
子供達にご飯を食べさせるためにお金を稼がなきゃ。
 
強迫観念。
育児ストレス。
寝不足。
 
 
産後は可愛い赤ちゃんと愛情いっぱいで幸せなはずなのに。。。
辛かった。
 
 
夫の本性。
今思えば明らかに夫がおかしいし間違っている。
でも当時はただ恐怖だったんだ。
 
 
好きだった。
でも怖かった。